モータースポーツ

日産大森ワークスの時代 いちメカニックが見た20年

藤澤公男著

本体2,400円+税

A5判/216頁/978-4-87687-347-0/2016年8月発売

多くの日産ファンを生む大きな契機となった、高度成長期のレース活動について、
日産のメカニックとして在籍した著者が、その活動について興味深く語る。

「星野一義氏」「鈴木亜久里氏」など、多数のスターを輩出した日産のワークス活動は、「追浜」と「大森」が有名で、圧倒的な人気を博していた。本書は、当時の日産のモータースポーツ活動の一端について、実際に大森のメカニックとして活躍した著者が解説する、類のない書。当時の貴重な写真も多数収録し、さらに大森ワークスの活動を中心とした詳細な戦績表も併せて掲載し、資料性も高めている。

ジムカーナ入門 新訂版

飯塚昭三著

本体1,600円+税

A5判/185頁/978-4-87687-339-5/2015年9月発売

全国各地で開催されているジムカーナ。これからはじめようという方、もっと運転が上手になりたい方のために、基本から解説!
モータースポーツのなかでも、ジムカーナは日頃使っている愛車で参加できる上、初心者向きのイベントも数多く開催され、安い費用で楽しめるのが特徴である。本書では、ジムカーナをはじめるための手順から、車両のチューンアップ、ドライビングが向上するテクニックまで、モータースポーツ誌の元編集長が、写真を豊富に使ってわかりやすく伝授。巻末に、最新の主要なジムカーナコースガイドを収録。2003年刊行の同書の新訂版として発売。

初代スカイラインGTR 戦闘力向上の軌跡 

青地康雄著

本体2,000円+税

A5判/225頁/978-4-87687-336-4/2014年11月発売

団塊世代を中心に、今なお絶大な人気の初代スカイラインGTR。その人気のきっかけとなるレースでの活躍について、当時のチーム監督ならではの視点で解説!
初代スカイラインGTRは、レースで50勝を超える輝かしい成績を残し、その活躍は今も語り継がれている。本書は、当時の監督である著者がどのようにレース車両を開発し、強靭なチームへと導いていったのかを自ら解説した「唯一の書」。今回、巻末に初代スカイラインの戦績も収録し、資料性を高めた増補新訂版。

モータースポーツのためのチューニング入門

飯嶋洋治著

本体1,800円+税

A5判/184頁/978-4-87687-333-3/2014年4月発売

モータースポーツ走行を始めたい、もっと速く走りたいという方のために、用途に応じたチューニング方法を総合的に解説する!
ジムカーナやダートトライアルなど、手軽なモータースポーツ走行でのタイムアップには、用途に応じた適切なチューニングが重要になる。本書では、エンジン系・駆動系・シャシー関係・ボディ全体などについて、自分でできることとプロに委ねるべきことの区別も考えながら、元モータースポーツ誌編集長の著者がわかりやすく解説する。【2006年刊行書籍の新訂版】

サーキット走行入門

飯塚昭三著

本体1,600円+税

A5判/200頁/978-4-87687-318-0/2011年8月発売

初心者向け走行会やフリー走行会を催すなど、以前にくらべてサーキットが身近になってきている。本書ではサーキット走行に興味を持ち、より上手く、より速くなりたいと思っているドライバーを対象に、その準備からマナーや習慣、ドライビングテクニックの基本、応用までを写真や図版も含め、ていねいに解説。また、全国に40ヵ所あるサーキット場の最新一覧も紹介。

ランサーエボリューション I 〜 X

飯嶋洋治著

本体1,800円+税

A5判/192頁/978-4-87687-309-8/2009年3月発売

古いモータースポーツファンならば承知のように三菱は連綿とラリー活動を続けてきた。1992年に登場した「ランサーエボリューション」は、その流れから必然的に生まれたクルマだ。コンパクトなボディにハイパワーユニットを積み、フルタイム4WDを装備し、WRCに勝つことを目的に毎年のようにエボリューションを重ねてきた。『ランエボ』ファン必読。

必勝ジムカーナセッティング

飯嶋洋治著

本体1,800円+税

A5判/196頁/978-4-87687-292-3/2007年4月発売

あらゆるモータースポーツにおいてタイヤが重要な意味を持つが、ジムカーナではそのウェイトは一層高い。慣熟歩行だけでその都度違うコースの攻略法をイメージし、きわめて短時間で勝敗の決するジムカーナでは、タイヤの性能を出し切ること、そのためのセッティングが鍵を握っている。本書はトップドライバーへの取材を通してその真髄を披瀝する。

WRCスバルの戦い

飯島俊行著

本体1,900円+税

A5判/232頁/978-4-87687-273-2/2005年7月発売

90年4月スバルがワークスとしてWRCに参戦以来15年間159戦、全戦をカメラマンとして取材を続けた者は著者しかいない。90年レガシィが10万km連続走行記録を引っさげて参戦し、93年のインプレッサの衝撃的なデビューからタイトル獲得へ、その戦いを通して『ポルシェ』に比肩するまでに進化したSUBARUのメカニズムとラリーでの活躍を追う。

モータースポーツ入門

飯嶋洋治著

本体1,700円+税

A5判/216頁/978-4-87687-269-5/2005年3月発売

一番手軽なカートからジムカーナ、ダートトライアル、ラリー、ツーリングカーレース、フォーミュラカーレースまで、自分でモータースポーツを始めようとする人のための入門書。

WRC世界ラリー選手権のすべて

飯島俊行著

本体1,700円+税

A5判/216頁/978-4-87687-261-9/2004年7月発売

WRCのすべてを楽しむために、かつては欧米勢の独擅場であったラリーの世界に日本車が登場し、互角に競い合うまでの軌跡をドライビングテクニックやメカニズムを通して解説。

1 / 212