飛行機

歴史のなかの中島飛行機

桂木洋二著

本体1,800円+税

A5判/224頁/978-4-87687-350-0/2017年4月発売

自動車メーカー「SUBARU(スバル)」の前身、中島飛行機 創立100周年記念刊行!
大企業と肩を並べる規模を誇った中島飛行機はどのようにして急成長を遂げたのか? 本書では、日本の航空黎明期の歴史にさかのぼり、中島知久平というたぐい稀な人物の生き方を通じて、その発展の軌跡とともに、敗戦の苦難を乗り越え、戦後の自動車産業にスバルの百瀬晋六氏、プリンス(後に日産自動車)の中川良一氏、ホンダの中村良夫氏等の突出した技術者を輩出することになった経過を語る。【2002年刊行の同書の巻末に、新たに資料を加えた増補新訂版】

目 次
プロローグ・太平洋戦争と飛行機
1. 日本の特殊事情と中島飛行機のこと
2. 草創期の航空機界と中島知久平
3. 外国人による航空ショーの盛衰
4. 民間航空界の先駆者・磯部鉄吉の足跡
5. 民間の飛行機製作で実績を残した伊藤音次郎
6. 岸の赤羽飛行機製作所と初期の国産エンジン開発
7. 大正時代の陸海軍航空部隊の活動
8. 初期の中島飛行機の経営
9. 川西との対立と独立体制の確立
10. 成長をとげるための試練
11. 中島の航空機用エンジン生産開始の頃
12. 水冷の三菱と中島の空冷エンジンと
13. 航空機の競争試作による開発時代
14. 政治家中島知久平の誕生、そして戦争への道
15. 空冷エンジン開発でしのぎを削る三菱と中島
16. 戦時体制のなかの三菱と中島の戦闘機開発
17. 飛行機の生産体制の日米比較
18. 戦時中の中島飛行機の活動
エピローグ・戦後に残したもの
<small>中島飛行機 航空エンジン諸元表
中島知久平邸について
現代に残る「中島」に関係する用品や遺構など</small>

978-4-87687-350-001.jpg