クルマのメカニズム

古今東西エンジン図鑑 その生い立ち・背景・技術的考察

鈴木 孝著

本体2,400円+税

A5判/232頁/978-4-87687-349-4/2017年1月発売

「失敗」とされていたエンジンが、実は「開発には成功」していたなど、驚きの「新事実」も平易な技術解説で収録!
長年、エンジンの開発に携わった著者の執筆で、ロングセラーの『名作・迷作エンジン図鑑』の第2弾! 航空、自動車、船舶、戦車、汎用から個性的エンジンを発掘、そのエンジン誕生の時代的背景や技術的問題など、詳細なイラストとともに、丁寧にわかりやすく解説! 今回は要望の高かった航空エンジンを多く取り上げている。

【目 次】
 はじめに
<strong>自動車用</strong>
 第1章 高速2輪馬車 チャリオット
 第2章 あっちこっちから悪口の的となった キュニョーの蒸気自動車
 第3章 ボイラーマン泣かせ 蒸気バスエンジン
 第4章 ディーゼル乗用車の日本初 アカデミックエンジン
 第5章 フランス陸軍が発想した 木炭自動車
 第6章 放浪の果て親に巡り会えたが、再び放浪の旅に消えた ヒノサムライのエンジン
 第7章 お役人のひとことが生んだ世界初 高圧コモンレール燃料噴射システム
 第8章 創業から終焉まで空冷で押し通した フランクリン
 第9章 偉大な技術者の躓き ケタリングと本田宗一郎
<strong>航空用</strong>
 第10章 正道を駆け上がり、奇想天外ぶりを発揮した クレマン・アデァ
 第11章 ないない尽くしの世界初アルミエンジン ライト兄弟のエンジン
 第12章 設計者と一緒にポトマック川に投げ込まれた マンリーのエンジン
 第13章 日本初の国産91式戦闘機の原点となった ブリストルジュピターエンジン
 第14章 優等生の席にちゃっかり座り込んで世界記録を立てた 川崎エンジン
 第15章 サン・テグジュペリに愛され、山本五十六も誘って星に向かった アリソンエンジ
 第16章 お腹が大きいミス・ビードルを追っかけた男 P&Wエンジンとライトエンジン
 第17章 ソ連でも生まれていた 四角顔のユンカースエンジン
 第18章 仲間が分かれ分かれになって落っこちたH−?ロケット
 第19章 ドイツから持ち帰った戦闘機Me163の写真とスケッチを元に緊急開発された ロケット戦闘機「秋水」
<strong>舶用</strong>
 第20章 自動車用ディーゼルが里子に出されて日本初の舶用ディーゼルに? 池貝4HSD10型ディーゼルエンジン
 第21章 ヒノサムライの血を引き漁場レースを制した 日野エンジン
<strong>戦車用</strong>
 第22章 ブリキの玩具と揶揄された 日本の戦車
 第23章 ディーゼルの宋主国ドイツを征した V(ベー)2エンジン
<strong>汎用</strong>
 第24章 崑崙の高嶺の彼方に大地を削る 日野エンジン
 第25章 往年の名機と最新の名機との邂逅 その1 日野最古参DSエンジン
 第26章 往年の名機と最新の名機との邂逅 その2 最先端E13Cエンジン
 第27章 取り残されたディーゼルエンジンを救う 下町の黒煙フィルタ
 参考文献
 謝  辞

978-4-87687-349-401.jpg