クルマのメカニズム

自動車用ガソリンエンジンの設計

石川義和著

本体4,000円+税

A5判/304頁/978-4-87687-342-5/2015年11月発売

若手エンジニアや学生に向け独自の設計・開発力を習得する技術を徹底解説!
ガソリンエンジンは実用性の高さから、当面、その地位は揺るがないと考えられる。本書では、メーカーのエンジン設計者として30機種を越える新型エンジンを開発した著者が、基本設計に的を絞り、実践的な思考手法を詳細に説明する類書のない書籍。プロを目指すエンジニア待望の書。

【主な内容】

第1章 緒論
 1. 1 設計者の苦悩
 1. 2 寸法効果(Scale Effect)
 1. 2. 1 エンジンの比例則
 1. 2. 2 気筒数・ストローク/ボア比と出力の関係
 1. 2. 3. エンジンの代表寸法と重量の関係
 1. 2. 4 摩擦損失
 1. 2. 5 熱負荷
 1. 3 気筒サイズと圧縮比
 1. 3. 1 ノッキング
 1. 3. 2 圧縮終りの給気温度
 1. 3. 3 気筒サイズと燃焼室S /V 比
 1. 3. 4 有効圧縮比ε0
第2章 諸元値と出力
 2. 1 最高出力
 2. 1. 1 吸気弁開口時間面積
 2. 1. 2 最高出力と回転速度
 2. 1. 3 気筒諸元D ×S の決定
第3章 気筒数・気筒配列と釣合
 3. 1 ピストン・クランク機構の不釣合
 3. 2 単気筒エンジンの釣合
 3. 3 釣合の条件
 3. 4 直列4気筒エンジンの釣合
 3. 4. 1 直列4気筒エンジンのロールモーメント
 3. 4. 2 直列4気筒エンジンの2次不平衡の釣合わせ方
 3. 5 V型6気筒エンジンの釣合
 3. 5. 1 V型6気筒エンジンにおけるV角度と釣合
 3. 5. 2 60°V型6気筒エンジンのクランクスロー配列
 3. 5. 3 60°V型6気筒エンジンの釣合
 3. 6 オフセットクランクエンジンの釣合
 3. 6. 1 オフセットクランクエンジン
 3. 6. 2 直列4気筒オフセットクランクエンジンの不平衡
 3. 6. 3 狭角V型6気筒オフセットクランクエンジンの不平衡
 3. 6. 4 ピストンピンオフセット
第4章 エンジン各部
 4. 1 主運動部(Main moving parts)
 4. 1. 1 クランクシャフト
 4. 1. 2 コンロッド(Connecting rod:連結桿・連接棒)
 4. 1. 3 ピストン(Piston with Pin & Ring)
 4. 1. 4 フライホイール(Flywheel)
 4. 2 動弁機構(Valve gear)
 4. 2. 1 動弁機構設計の目標値
 4. 2. 2 計算に用いる単位
 4. 2. 3 カムの諸特性とフォロワ有効径
 4. 2. 4 弁揚程曲線の設定
 4. 2. 5 揺動型フォロワにおけるカムプロフィル
 4. 2. 6 弁、リテーナ、コッタ、弁座
 4. 2. 7 バルブスプリング
 4. 2. 8 カム軸駆動機構
 4. 3 シリンダブロック(Cylinder block)
 4. 3. 1 シリンダ部
 4. 3. 2 ウォータージャケット
 4. 3. 3 軸受および軸受函
 4. 3. 4 構造体としてのシリンダブロック
 4. 4 シリンダヘッド(Cylinder head) 
 4. 4. 1 燃焼室
 4. 4. 2 吸気ポート
 4. 4. 3 排気ポート
 4. 4. 4 構造体としてのシリンダヘッド
 4. 5 給気系(Induction system)
 4. 5. 1 慣性効果と共鳴効果
 4. 5. 2 気筒分配
 4. 6 排気系(Exhaust system
 4. 6. 1 排気ガス温度の維持
 4. 6. 2 熱膨張への対応
 4. 6. 3 同調形集合排気管
 4. 7 潤滑系(Lubrication system)
 4. 7. 1 油圧特性
 4. 7. 2 オイルポンプ
 4. 7. 3 空気混入(Oil aeration)
 4. 8 換気装置(Crankcase ventilatoin sys. or Breathing sys.)
 4. 8. 1 直列4気筒特有の換気装置
 4. 8. 2 オイルセパレータ
 4. 9 冷却系(Cooling system)
 4. 9. 1 冷却システム
 4. 9. 2 ウォーターポンプ
第5章 締結
 5. 1 締結の原理
 5. 1. 1 軸力と摩擦
 5. 1. 2 角度法
 5. 1. 3 塑性域締付法
 5. 1. 4 ねじの強度
 5. 2 座金(Washer)
 5. 3 ねじの緩み
 5. 4 主要ボルトの設計
 5. 4. 1 シリンダヘッドボルトの設計
 5. 4. 2 メイベアリングキャップボルトの設計
 5. 4. 3 コンロッドボルトの設計
 5. 4. 4 プーリーボルトの設計
 5. 4. 5 フライホイールボルトの設計
 5. 4. 6 カムスプロケットボルトの設計
第6章 鋼材の硬さと強さ
 6. 1 硬さと強さ
 6. 2 ブリネル硬さ試験法(JIS B7772)
 6. 3 炭素鋼の硬さとC%
 6. 4 鋼材の硬さと降伏点
【お知らせ】本書のP57の下図に誤りがありました。正しくは<a href="http://www.grandprix-book.jp/books/pdf/P57%E6%AD%A3%E8%AA%A4%E8%A1%A8-2.pdf">こちら</a>になります。訂正してお詫び申し上げます。

978-4-87687-342-5-001.jpg