クルマのメカニズム

ターボチャージャーの性能と設計

浅妻金平著

本体4,000円+税

A5判/344頁/978-4-87687-332-6/2014年2月発売

ターボチャージャーの装着は、エンジンの出力特性や環境性能を左右する補機類として、近年ますます重要なものとなっている!
かつては出力向上を主眼として採用されたターボチャージャー。しかし現在では、エンジンのコンパクト化による省資源性や環境性能の面で、新たな役割を担う、極めて重要な補機類として注目されている。本書は、約40年にわたり排気タービン過給機に関わってきた、著者の知識と技術をもとに、失敗事例も含めて、体系的かつ実際的に解説する。

【目次】
第1章 過給の歴史と発展
第2章 熱の流れの基礎
第3章 排気タービン過給ディーゼルエンジン
第4章 遠心コンプレッサ
第5章 ラジアルタービン
第6章 軸および軸受、軸シール
第7章 振動、強度および材料
第8章 加工と組立
第9章 品質確認試験

978-4-87687-332-6-001.jpg