クルマのメカニズム

自動車のサスペンション 構造・理論・評価

KYB株式会社編

本体2,400円+税

A5判/252頁/978‐4‐87687-330-2/2013年10月発売

ますます重要になっている「乗心地」など、トップメーカーの現役技術者が、最新動向までをわかりやすく解説
サスペンションは、リンクやばね、ショックアブソーバ―などにより構成され、密接に関連し合って乗心地や操縦性・安定性を高レベルで成立させている。本書では、国内シェア75%を占めるメーカーの現役技術者たちが、その技術について構造から理論、その評価までを体系的に解説する。

【目次】
第1 章 サスペンションの概要
第2 章 サスペンションの構造と特徴
第3 章 サスペンションの性能と基礎理論
第4 章 サスペンションを構成する要素
第5 章 サスペンションの設定
第6 章 モータースポーツのサスペンション
第7 章 サスペンションの評価
第8 章 電子制御サスペンションと将来技術

978-4-87687-330-2.jpg