最新刊

マツダ・ロータリーエンジンの歴史

GP企画センター編

本体2,000円+税

A5判/237頁/978-4-87687-353-1/2017年11月発売

ニュース

2017年11月9日
11月19日(日)「お台場旧車天国 2017」に出店し、書籍を販売します!  ▶続きを読む…
2017年10月25日
第45回東京モーターショー出店情報/ブースで使用できるクーポン券(金券)をご用意しました!  ▶続きを読む…
2017年10月25日
ホームページをリニューアルしました。

クルマのメカニズム

自動車用材料の歴史と技術

井沢省吾著

本体2,000円+税

A5判/212頁/978-4-87687-352-4/2017年8月発売

自動車のエコ化のために進化を続ける材料について、自動車部品メーカー現役技術者が分かりやすく解説します! 自動車に用いられている肝となる材料は、その性能を決定するうえで重要度を増している。本書では、鉄やアルミニウム、プラスチック、貴金属、セラミックスなどから、溶接や塗装、メッキに至るまで、自動車用材料に関する基本的な知識を、図版などを多用して、自然なかたちで分かりやすく理解できるように解説する。

クルマの歴史

マツダ・ロータリーエンジンの歴史

GP企画センター編

本体2,000円+税

A5判/237頁/978-4-87687-353-1/2017年11月発売

1967年、マツダがコスモスポーツに搭載し、世界で唯一乗用車での実用化と量産に成功したロータリーエンジン。本書では、1960年代から2003年のRENESISに至るまで、マツダの技術陣によるロータリーエンジン開発への挑戦の歴史とロータリーエンジンのメカニズムを、多数の写真・図版とともに紹介する。歴代ロータリーエンジン搭載車やレース活動もあわせて掲載。

モータースポーツ

日産大森ワークスの時代 いちメカニックが見た20年

藤澤公男著

本体2,400円+税

A5判/216頁/978-4-87687-347-0/2016年8月発売

多くの日産ファンを生む大きな契機となった、高度成長期のレース活動について、 日産のメカニックとして在籍した著者が、その活動について興味深く語る。 「星野一義氏」「鈴木亜久里氏」など、多数のスターを輩出した日産のワークス活動は、「追浜」と「大森」が有名で、圧倒的な人気を博していた。本書は、当時の日産のモータースポーツ活動の一端について、実際に大森のメカニックとして活躍した著者が解説する、類のない書。当時の貴重な写真も多数収録し、さらに大森ワークスの活動を中心とした詳細な戦績表も併せて掲載し、資料性も高めている。

トラック・バス

バスのすべて  クルマで人を運ぶ世界

広田民郎著

本体2,000円+税

A5判/232頁/978-4-87687-323-4/2012年6月発売

時代とともに変化する社会的役割に柔軟に対応して、進化を遂げる「バス」 その「すべて」を紹介します! バスは、時代とともに変化する社会的役割に柔軟に対応して進化を遂げ、その重要性、重要はますます高まっている。本書では、バスに関わるさまざまな人々への綿密な取材をもとに、バスの現状から企画、説計、生産、メカニズムなど多面的に解説する。

鉄道

蒸気機関車メカニズム図鑑

細川武志著

本体3,000円+税

A5判/328頁/978-4-87687-317-3/2011年6月発売

水を蒸気に変えて一切のエネルギー源とし、その血液のような蒸気の循環によってさまざまなピストンを作動させるそのメカニズムの詳細を、精緻の限りを尽くして描いた極めつきの図鑑。1998年発行の同書の品切れにともない、新装版として刊行。

飛行機

三菱 航空エンジン史 大正六年から終戦まで

松岡久光著/中西正義監修

本体2,000円+税

A5判/188頁/978-4-87687-351-7/2017年7月発売

三菱による航空発動機研究開始100周年記念刊行! 「零戦」「雷電」など、数々の名機を生み出した三菱が飛行機製作に参入したのは、機体からではなく、発動機(エンジン)からだった。本書は数多くの三菱製航空エンジンと搭載された機体についてその軌跡を語る。後半には、当時の貴重な資料である「三菱航空機略史」の抜粋を掲載し、資料性も高く、読み応えも充分。

バイク・他

古今東西エンジン図鑑 その生い立ち・背景・技術的考察

鈴木 孝著

本体2,400円+税

A5判/232頁/978-4-87687-349-4/2017年1月発売

「失敗」とされていたエンジンが、実は「開発には成功」していたなど、驚きの「新事実」も平易な技術解説で収録! 長年、エンジンの開発に携わった著者の執筆で、ロングセラーの『名作・迷作エンジン図鑑』の第2弾! 航空、自動車、船舶、戦車、汎用から個性的エンジンを発掘、そのエンジン誕生の時代的背景や技術的問題など、詳細なイラストとともに、丁寧にわかりやすく解説! 今回は要望の高かった航空エンジンを多く取り上げている。